ここから本文です

ホンダ新型「フリード」vsトヨタ「シエンタ」、先行受注スタートで驚きの差が明らかに!

オートックワン 8月23日(火)19時16分配信

9月16日に発売となるホンダ新型フリードの先行受注が始まっている。すでに契約した人も少なくないようだ。契約書を見せて貰ってビックリ!

ホンダ新型フリード 写真でチェック(画像32枚)

新型フリード、驚くほど高価なのだった。

売れ筋になりそうな『ハイブリッドG ホンダセンシング・FF・7人乗り』で251万7600円!ガチンコのライバル関係となるシエンタの『ハイブリッドG・FF・7人乗り』は、自動ブレーキのオプションを付けて238万3855円。シエンタより新型フリードは13万円以上も高い。

ここまで読んで「装備差でしょう」と思うかもしれないが、新型フリードで優位なのはLEDのヘッドライトくらい。両側自動ドアも両車共に標準だ。

気になる自動ブレーキの性能だけれど、センサーは若干フリードの方が良いかもしれない。シエンタの自動ブレーキ、歩行者を認識出来ない。

フリードは先行車追随機能付きで、LEDヘッドライトとの合わせ技で13万円と考えたのか?

これまでのホンダの歴史を見ると、競合するトヨタ車より高い価格設定をしたモデルは苦戦している。

実際、新型フリードの価格を見た瞬間「高いな」と感じた。シエンタの人気が根強い上、このクラスのユーザーは自動ブレーキ付きなら何でもOKという傾向も。かなり厳しいかもしれない。

もう一つ。デザインが不人気の理由になっているステップワゴンにそっくり。

いや、正確に書けばステップワゴンは現行フリードにそっくりということで人気が出なかった。ここまで似たデザインだと、ステップワゴンの悪い流れを断ち切れないかもしれない。

日本向けホンダ車のデザイン、イマイチだ。

参考までに書いておくと、フリードより圧倒的に広いキャビンスペース&ワクワクゲートを持つステップワゴンの『G ホンダセンシング』は、サイド&カーテンエアバッグ付きでも261万円。

今や地域によっては値引きも40万円程度してくれるため、見積もりを取れば明らかにステップワゴンが安くなる可能性も。

新型NSXの価格や、ジェイドやグレイスのように 日本では売れないと思えるシビックを導入予定 とするなど、最近ホンダの国内販売戦略は迷走しているように思う。

期待の新型フリードながら、シエンタを脅かすような売れ行きにはならないかもしれません。購入検討の方は、まずは新型モデルの試乗レポートを見てから購入することをすすめておく。

[Text:国沢光宏]

最終更新:8月25日(木)12時35分

オートックワン