ここから本文です

尿からiPS細胞作製。採血なしで負担軽減

ニュースイッチ 8/23(火) 14:50配信

リプロセルが事業化。研究機関や製薬企業に提案

 リプロセルは尿の細胞からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作る技術による「iPS細胞作製受託サービス」を始める。子会社の米ステムジェントが開発した「次世代RNAリプログラミング技術」を使い、従来技術よりiPS細胞の樹立効率を改善し、安全性も高める。

 尿からiPS細胞を作製する技術の事業化は世界初という。iPS細胞を扱う内外の研究機関や製薬企業に提案する。一般にiPS細胞はヒトの皮膚や血液から作製するが、医療機関でしか採取できず痛みも伴う課題があった。一方、尿は採取が極めて容易で場所や時間の制限を受けず、従来の負担を軽減できる。

<解説>
 京都大学の山中伸弥教授らがマウス由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製を論文発表し10年が経過した。他人由来のiPS細胞から作った組織の細胞を患者に移植する「他家移植」など、臨床応用に向けた研究は新たな一歩を踏み出している。国内外の大学や企業では臨床応用を支える技術として、安全で高品質なiPS細胞を高効率に作製する手法の研究が進む。新興企業の代表格の一つ、リプロセルにはさまざまなパイプ役として期待したい。

最終更新:8/23(火) 14:50

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。