ここから本文です

職場で、結果を「アピール」するのはアリ? ナシ?

TOKYO FM+ 8月23日(火)12時30分配信

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。8月22日の「社会人意識調査」のテーマは「職場で、結果を『アピール』するのはアリ? ナシ?」。はたして、その結果は……?

Q.職場で結果をアピールするのはアリ? ナシ?

アリ 65.5%
ナシ 34.5%
(回答数:330票)

◆「アリ」派の意見
「自分を売り込む力も実力、アピールする力も実力のうちです! もちろん嘘は敵を作るだけなので、本当に自分自身がやり遂げた結果は、自慢にならないようにアピールしても良いと思います」
(東京都 32歳 女性 事務)

「黙っていても評価されないと思います。自分は褒められて伸ばされたいので少しアピールしています。謙虚な感じで『頑張ってきました』ってくらいのアピールならイイと思います」
(石川県 29歳 男性 農家見習い)

「違う部署ですが、私の先輩は会社から貰った国内営業3位の賞状を支店の壁に貼り、後輩に毎朝、壁の賞状に向かって手を合わせて拝ませてから、仕事に向かわせていました(笑)。職場の中でのアピールでも、ほどほどなものなら、良い刺激になると思います」
(福井県 33歳 男性 会社員)

◆「ナシ」派の意見
「本当に仕事をしてる人は、アピールしなくても周囲に伝わってると思います!」
(千葉県 24歳 女性 公務員)

「黙々とやってなんぼで、それで結果って出てくると思うのと、あとはいい結果が出るほどクールに心の中でガッツポーズするぶんには良いと思うし、そっちのほうがカッコよく見えると思うので」
(東京都 26歳 男性 会社員)

「今まさに自分の直属の上司がアピール魔でうっとうしいです。自分の仕事が評価されたら聞いてもいないのに言ってくるし、『俺の成果を社内メールで全員に共有しといて』とお願いされることも……。ビジネスマンとしての意識は高いのかもしれないけど、あくまで会社組織なんだから、まわりに波風立てるような行為は慎んでほしいです」
(東京都 25歳 女性 会社員)

番組リスナーの投票による結果は「アリ」が65.5%、「ナシ」が34.5%と、6割以上の人が職場で仕事の結果をアピールするのはアリと回答。番組の掲示板には「単なる自慢に思われるのは嫌なのでアピールしない」という意見もあり、ある種、奥ゆかしい日本人の国民性が垣間見られました。

【デキる自分、アピールしていますか?】
男女別では、「アリ」と答えた人の割合は男性が67.4%、女性が62.9%と、男女間で5%近い差が出ました。仕事において、自分をよく見せるといった「セルフプロデュース能力」は、かなり大切。やはり男性のほうがそういった点を気にして「いかにデキる自分をアピールするか」という戦略を、日々仕事しながら考えているのかもしれませんね。

(TOKYO FMの番組「Skyrocket Company」2016年8月22日放送より)

最終更新:8月23日(火)12時30分

TOKYO FM+

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。