ここから本文です

大会5日目、女子シングルス準々決勝結果 [全中テニス]

THE TENNIS DAILY 8/23(火) 11:56配信

「第43回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21~24日個人戦/岩瀬スポーツ公園テニスコート:砂入人工芝コート28面)、通称「全中」の5日目は、女子シングルス準々決勝、準決勝、女子ダブルス準決勝が行われている。

大会5日目、男子シングルス準々決勝、準決勝、男子ダブルス準決勝予定(随時更新) [第43回全中]

試合方法◎すべてトーナメント方式で、シングルスは1~4回戦、ダブルスは1~3回戦まで8ゲームプロセット。準決勝より3タイブレークセットマッチ(各セットとも6ゲームズオール後タイブレークシステム)。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【女子シングルス準々決勝】

○1坂詰姫野(新潟/上越教育大学附属中学校)[1] 8-5 ●16神鳥舞(東京/世田谷区立烏山中学校)[5-8]

○17川村茉那(茨城/牛久市立牛久第一中学校)[3-4] 8-5 ●25長門桃子(千葉/我孫子市立湖北台中学校)[9-12]

○40光崎楓奈(愛知/みよし市立三好丘中学校)[9-12] 8-4 ●41進藤万里依(千葉/柏市立松葉中学校)[13-16]

●49肥田唯花(大阪/松原市立松原第三中学校)[5-8] 7-9 ○64内島萌夏(東京/小平市立小平第二中学校)[2]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/23(火) 11:56

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]