ここから本文です

SB大隣憲司 2軍戦で5回3失点「ボールに強さを伝えきれていない」

Full-Count 8月23日(火)15時2分配信

23日2軍広島戦に先発も制球に苦しみ、精彩欠く

 23日、親子試合としてヤフオクドームでウエスタン・リーグ公式戦(広島戦)を行ったソフトバンク。先発した大隣憲司は初回から制球に苦しみ、四球と連続の二塁打で2点を失うと、4回には育成選手のメヒアにソロ本塁打を許して5回3失点。ストレートも本来の伸びを欠いた。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

「前に比べるとしっかり投げられてはいるけど、ボールに強さを伝えきれていない。まっすぐで押し込めていないし、カウントを取りにいく球が入らずに変化球に頼らないといけない投球になった」と大隣。

 倉野巡回コーチも「立ち上がりからもうちょっと全開でいかないと。(親子試合で)朝が早かったのが影響しているのかもしれないが、それは言い訳にならない。球威もまだ物足りない」と厳しいコメント。

 さらなる調整は必要だが、優勝争いが熾烈になる9月にこそ、経験値の高い先発左腕の1軍復帰を期待したい。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:8月23日(火)15時2分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。