ここから本文です

得点決めただけでは名将グアルディオラは満足せず エースのアグエロに「もっと走ってプレスを」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/23(火) 14:20配信

守備面の改善訴える

今季からマンチェスター・シティ指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラにとって、最前線に構えるセルヒオ・アグエロは非常に重要な存在だ。アグエロはマンCの中でもずば抜けた存在であり、先日のストーク・シティ戦でも2得点を奪ってチームを勝利に導いている。

しかし、名将グアルディオラがこれだけで満足するはずはない。英『Daily Mail』によると、グアルディオラはアグエロの動きがまだまだ足りないと厳しく指摘。もっと前からプレスに走る必要があると語り、守備面での改善を求めている。

「アグエロはもっとチームメイトを助けないといけないよ。彼はまだボールを受ける動きが十分ではないし、もっと走ってファーストプレッシャーをかけ、動きを増やしてチームを助けないといけない。ボールを持っていない時に消えているようでは輝くことはできないんだ。サッカーはボールを持っている時と持っていない時が繋がっているのだからね」

グアルディオラが就任して以降のマンCはボールを失ってから相手を囲い込むスピードが速くなってはいるものの、まだグアルディオラが満足するレベルには達していない。最前線に構えるアグエロは先頭を切って相手選手にプレッシャーをかける必要があり、そこの弱さが目につくようだ。

グアルディオラのサッカーはいかに素早く相手からボールを奪い返すかも1つのテーマになっているが、アグエロが指揮官を納得させるにはまだまだ走り続ける必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/23(火) 14:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています