ここから本文です

リオ五輪優勝メンバーが苦戦する南米予選でも活躍!? ブラジル、W杯予選に向けチッチ新監督がメンバー発表

theWORLD(ザ・ワールド) 8月23日(火)17時10分配信

6位に沈むブラジル

CBF(ブラジルサッカー連盟)は、2018年ワールドカップ南米予選に向けたメンバーを発表した。2016年6月からチームを率いるチッチ新監督は23名のメンバーを招集している。

初招集されたのはアトレティコ・ミネイロのMFラファエウ・カリオカとシャフタール・ドネツクのFWタイソン。リオデジャネイロ・オリンピックで悲願の金メダルを獲得したメンバーからはFWネイマール、FWガブリエウ・バルボーザ、FWガブリエウ・ジェズス、MFレナト・アウグスト、DFマルキーニョス、DFロドリゴ・カイオ、GKウェベルトンの7名が選出された。

9月1日行われる試合では敵地キトでエクアドルと対戦し、6日にはホームのマナウスでコロンビアと一戦を交える予定となっている。ブラジルは6試合を終えて2勝3分け1敗で6位に沈み、苦しい状況が続いている。リオ五輪で成功を手にした若手メンバーは、A代表でも影響を与えることができるだろうか。

〈GK〉
アリソン(ローマ)
マルセロ(グレミオ)
ウェヴェルトン(アトレチコ・パラナエンセ)

〈DF〉
ファグネル(コリンチャンス)
ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
ジウ(山東魯能泰山)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード)
マルセロ(レアル・マドリード)
ダニエウ・アウベス(ユヴェントス)
ミランダ(インテル)

〈MF〉
ラファエウ・カリオカ(アトレチコ・ミネイロ)
ルーカス・リマ(サントス)
レナト・アウグスト(北京国安)
パウリーニョ(広州恒大)
ジュリアーノ(ゼニト・サンクトペテルブルク)
フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
ウィリアン(チェルシー)
カゼミーロ(レアル・マドリード)

〈FW〉
ネイマール(バルセロナ)
タイソン(シャフタール・ドネツク)
ガブリエウ・バルボーザ(サントス)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ加入決定)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月23日(火)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]