ここから本文です

本戦がスタート、男子シングルス1回戦が終了 [夏季九州学生テニス]

THE TENNIS DAILY 8月23日(火)19時16分配信

「平成28年度 九州学生夏季テニス選手権大会」(福岡県・九州国際テニスクラブ/本戦8月23~28日)の本戦が始まり、初日は男子シングルス1回戦が行われた。

 九州学生夏季テニス選手権大会は、男子シングルス64ドロー、女子シングルス32ドロー、男子ダブルス32ドロー、女子ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス1回戦】

○1石井明(長崎国際大学2年)[1] 6-4 6-3 ●2三宅敦也(熊本学園大学2年)

○3松尾俊太郎(福岡大学3年)6-3 6-4 ●4久芳大空(九州共立大学1年)

○5杉谷和馬(九州共立大学2年)6-0 6-1 ●6田中竜輝(鹿屋体育大学4年)

○8田中亮大(福岡大学3年)[13] 6-1 6-0 ●7清宗平(西南学院大学2年)

------------

○9西上尚志(西南学院大学4年)[9] 6-1 6-0 ●10久貝太一(福岡大学4年)

○12佐藤健太郎(九州共立大学3年)6-4 7-5 ●11齋藤光太朗(鹿児島大学4年)

○13江頭奏匠(九州共立大学1年)6-1 4-6 6-4 ●14青木駿弥(鹿屋体育大学1年)

○16山田尚征(福岡大学4年)[6] 6-2 7-5 ●15鬼武優太(九州共立大学3年)

------------

○17上杉旬生(福岡大学2年)[4] 6-0 6-1 ●18紀隆貴(福岡大学2年)

○19岡村浩太(鹿屋体育大学1年)6-3 6-3 ●20青山嘉宏(九州産業大学4年)

○21永井慶人(熊本学園大学3年)6-4 6-4 ●22伊藤慎也(大分大学2年)

○24東大翔(福岡大学4年)[16] 6-1 6-1 ●23岩永信哉(鹿屋体育大学2年)

------------

○25藤澤浩輝(長崎国際大学2年)[10] 4-6 6-1 7-6(3) ●26出水遼磨(西南学院大学2年)

○27藤浪功(九州共立大学1年)6-2 6-3 ●28中島弘陽(福岡大学3年)

○29今平拓郎(熊本大学4年)6-1 6-1 ●30眞崎冬惟(九州共立大学2年)

○32林大地(鹿屋体育大学2年)[7] 6-1 6-2 ●31永松遼大(福岡工業大学1年)

------------

○33森脇亮太(鹿屋体育大学2年)[8] 6-0 7-5 ●34西村大誠(九州共立大学1年)

○35米田伊織(福岡大学1年)6-4 6-1 ●36和泉貴充(福岡教育大学4年)

○38井上諒風(福岡大学1年)6-2 6-0 ●37福原健次郎(福岡大学1年)

○40礒部峻(福岡大学4年)[11] 7-5 6-2 ●39大久保輝(長崎大学3年)

------------

○41材木力(久留米大学3年)[14] 6-1 6-0 ●42白水真澄(福岡教育大学2年)

○44今村優悟(福岡大学2年)6-2 6-4 ●43中村正太(佐賀大学4年)

○46村山颯太(長崎国際大学4年)6-1 6-0 ●45亀井貴之(福岡大学3年)

○48北村翔平(鹿屋体育大学3年)[3] 6-0 7-5 ●47東侑磨(西南学院大学2年)

------------

○49山崎晃平(福岡大学2年)[7] 6-1 6-4 ●50坂本悠輔(九州共立大学3年)

○51藤井勇作(西南学院大学2年)6-2 4-6 6-3 ●52田口和典(九州共立大学3年)

○53岡崎勇都(福岡大学1年)6-1 6-3 ●54福本晃(長崎国際大学4年)

○56成松智希(福岡大学2年)[11] 7-6(3) 6-2 ●55大田駿介(九州工業大学2年)

------------

○58吉松瑞生(鹿屋体育大学1年)6-3 6-2 ●57笛木理津也(福岡大学3年)[14]

○59宇野敦也(鹿屋体育大学1年)6-4 2-6 7-5 ●60首藤伸弥(九州共立大学2年)

○61北條武(長崎国際大学4年)6-3 5-7 6-2 ●62木戸雄介(佐賀大学3年)

○64岡野裕樹(福岡大学4年)[2] 6-3 6-1 ●63首藤慎ノ介(福岡教育大学年)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8月23日(火)19時16分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]