ここから本文です

巨人脇谷、初サヨナラ弾で広島のマジック点灯阻止 「まだまだ戦いましょう」

Full-Count 8/23(火) 21:18配信

首位攻防戦で劇的な復帰1号、マイコラスはピンチの連続も無失点の力投

 巨人が23日の広島戦(東京ドーム)で1-0で今季3度目のサヨナラ勝ち。首位との直接対決で先勝し、広島と7ゲーム差。広島の優勝マジック点灯を阻止した。

 0-0で迎えた延長10回先頭。直前の守備から三塁の守りについていた脇谷が、ジャクソンの高め152キロ直球を強振。右翼席上段へ飛び込む1号ソロとなった。

 自身4度目のサヨナラ打。サヨナラ弾は自身初だ。昨オフ西武からFA宣言し、これが復帰1号。ウォーターシャワーでビショビショとなった脇谷はヒーローインタビューで、「最高に気持ちがいいです。(打席は)覚えていないです。投手陣がすごい気迫で投げていた。打線が応えたいと思っていました。ビックリしました。打つ方で苦しんでいる。なんとか応えたいと思っていました。一戦一戦が大事。選手はあきらめていないので、まだまだ戦いましょう」と声を弾ませた。

 先発のマイコラスは7回8奪三振1四球、5安打無失点。7イニングのうち5度も得点圏に走者を背負ったが、粘りきった。この日が28歳の誕生日。外国人初の15連勝となる今季4勝目はお預けとなった。2番手・マシソンは左足に打球を受けながらも、2回無失点。10回を3者凡退に抑えた澤村が4勝目を挙げた。

 24日は菅野智之が先発。2連勝でセ・リーグを盛り上げたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/23(火) 21:22

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています