ここから本文です

天才FK職人が欲しいアトレティコ “ブンデス屈指の10番”獲得に23億円を準備

theWORLD(ザ・ワールド) 8/23(火) 20:20配信

FK職人として猛威を振るう天才キッカー、ハカン・チャルハノールが、世界最高峰のリーグへ参戦することになるかもしれない。

2012年にドイツのカールスルーエでトップチームデビューを飾ったチャルハノールは、その後ハンブルガーを経て2014年よりレヴァークーゼンに所属。確かなボールコントロール技術と高精度のロングパスはチームの攻撃にアクセントを加え、最も得意とする“ブレ球FK”はこれまでに多くの美しきスーパーゴールを生んできた。スペイン紙『as』によるとそんなチャルハノールに対し、ディエゴ・シメオネ率いるアトレティコ・マドリードが今夏最後の大型補強候補として熱視線を浴びせており、レヴァークーゼンに2000万ユーロ(約23億円)を支払う準備があるという。過去にはバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーからもFK弾を決めた22歳のトルコ代表にとって、スター選手ひしめくリーガエスパニョーラでの挑戦は自身の価値をさらに高めるチャンスとなりうるだろう。

昨季は国内リーグで31試合に出場し3ゴールを挙げたチャルハノール。バルセロナとレアル・マドリードに次ぐ第3の勢力としてスペインでその評価を高めている“シメオネ軍団”は、この優秀なレヴァークーゼンの10番を引き抜くことに成功するだろうか。今後の展開に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/23(火) 20:20

theWORLD(ザ・ワールド)