ここから本文です

スターリングへの批判をやめろ! EUROでのプレイ批判する人々にチームメイトは納得せず

theWORLD(ザ・ワールド) 8月23日(火)21時50分配信

EUROでのパフォーマンスを批判する者も

EURO2016でベスト16敗退の屈辱を味わったイングランド代表では、未だに数名の選手が批判の対象になっている。その1人が昨季マンチェスター・シティでも満足な成績を残せず、EUROでも印象的な活躍ができなかったFWラヒーム・スターリングだ。スターリングはリヴァプールからマンCに移籍して以降批判的な意見を浴びることもあり、加えてこれまでマンCでは結果を出せていなかった。

しかし今季はジョゼップ・グアルディオラの下で重要な役割を担っており、高く評価されている。米『ESPN』によると、チームメイトのMFケヴィン・デ・ブルイネも批判を止めるべきだと主張しており、今のスターリングが危険な選手になっていると称えた。

「なぜ批判があるのか分からないね。彼は素晴らしいイングランド代表選手だし、彼らは批判する代わりに彼をサポートすべきだよ。確かに昨年彼には多くの批判があったけど、彼の反応は素晴らしかった。彼は素晴らしい選手さ。僕はEURO後の彼に対する意見は気にしていないよ。フットボーラーにはアップダウンが存在するものさ。彼には今やっていることを続けてもらいたいね。彼はとても危険な選手だからね」

スターリングは以前グアルディオラが率いていたバイエルンで言うところのアリエン・ロッベン、フランク・リベリのような存在となっており、サイドを切り裂くスターリングの存在は非常に貴重だ。デ・ブルイネはサポーターにもスターリングを応援するよう求めているが、今季批判する人々を黙らせることができるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月23日(火)21時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。