ここから本文です

“被疑者”らに取り巻かれた朴槿惠

ハンギョレ新聞 8月23日(火)1時28分配信

大統領が愛するイ・ジョンヒョン、チェ・ギョンファン、ユン・サンヒョン、ウ・ビョンウの共通点

 被疑者とは「犯罪の疑いがあり正式に立件されたが、未だ公訴提起はされていない人」(標準国語大辞典)を話す。捜査機関の捜査を通じていくらでも法廷に立つことになるという話だ。朴槿恵(パククネ)大統領の周辺には被疑者が多い。すべて朴大統領の信任が篤い核心側近で、朴大統領の周囲を被疑者らが取り巻いている格好だ。

1. イ・ジョンヒョン

 2014年4月セウォル号の惨事当時、大統領府の広報首席だったイ・ジョンヒョン・セヌリ党代表は、韓国放送(KBS)のキム・シゴン報道局長に電話をかけた。「国が難局にあるのに「海洋警察や政府を叩きまくる」そうすることが正しいと思うか」、「公営放送が踏みつぶそうとしている、意図があるように見える」と抗議した。公営放送の報道局長に政府批判報道はするなという強い圧迫で「放送法によらずしては放送の編成に関していかなる規制も干渉もしてはならない」という放送法(4条)に違反する行為だ。マスコミ労組とセウォル号特別調査委員会がイ代表を放送法違反の疑いで告発し、現在ソウル中央地検公共刑事捜査部(部長パク・ジェフィ)が捜査中だ。

2. チェ・ギョンファンとユン・サンヒョン

 二人は選挙法違反だ。先の総選挙を控えて、二人は親朴座長のソ・チョンウォン議員の地方区に挑戦状を出したキム・ソンフェ前議員に電話をかけ、隣の地方区に移ることを要求した。「親朴ブランド」を前面に掲げ隣の地方区候補の席を保障し、「ふざけてはいけない、何でもつかんでいるんだ」と脅迫までした。選挙法では「候補者に選出されないようにする目的で競選挙候補者に公私の職の提供を約束する行為」を禁止している。「競選候補者(候補者になろうとする者を含む)に対して暴行、脅迫、誘引、逮捕、監禁した者」も処罰するよう定めている。参与連帯と仁川平和福祉連帯は、二人を選挙法違反と職権乱用の疑いで検察に告発し、現在ソウル中央地検公安2部(部長イ・ソンギュ)が捜査中だ。

3.ウ・ビョンウ

 イ・ソクス特別監察官の捜査依頼により検察の捜査を受けることになったウ・ビョンウ民政首席の嫌疑は、職権乱用と背任・横領だ。機動警察に服務中のウ主席の息子が警察の内規に反して政府ソウル庁舎に配置され、約二カ月後にソウル地方警察庁に異動した過程に、ウ主席が影響力を行使したかを明らかにしなければならない。検察はウ主席一家が持分100%を保有する(株)正剛(チョンガン)名義で高級外車のマセラティをリース契約し、個人用途に使用し、通信費をはじめ生活費を会社に押し付けた背任・横領の疑いも明らかにしなければならない。

 現存する政治家のうち、朴槿恵大統領に対する忠誠心が最も強いイ・ジョンヒョン議員は、セヌリ党の最高位に上がりその基調を維持している。チェ・ギョンファン、ユン・サンヒョン議員は指導部には入城していないが、親朴陣営では核心の実力者だ。監査機関を掌握したウ・ビョンウ民政首席は、朴槿恵政権の任期末レイムダックを取り締まる強固なつっかい棒だ。この中から誰かが起訴され法廷に立てば、朴槿恵政権としては打撃が大きい。検察の捜査を統制する必要がさらに大きくなっている状況であり、朴大統領としてはウ主席を「送り出すことはできない」状況にあるわけだ。

キム・テギュ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:8月23日(火)1時28分

ハンギョレ新聞