ここから本文です

強気のフェルスタッペン、批判されても「走りを変えるつもりはない」

オートスポーツweb 8月23日(火)12時27分配信

 マックス・フェルスタッペンは、ともにF1を戦うライバルからの自身に対する批判を、受け止めるだけの余裕があると言う。

「マックスはレースマニア」とリカルド

 フェルスタッペンは選手権がサマーブレイクに入る前、ハンガリーGPでキミ・ライコネンに対して進路妨害ともとれる走りをしたことで、批判の的となっていた。ライコネンは、この出来事について「正しいことではない」と公に発言。ブレーキングゾーンでのフェルスタッペンの防御は、ドイツGP前に行われたドライバーズ・ブリーフィングの議題にもなり、ジェンソン・バトンは「フェルスタッペンも以前よりは(どう動くべきかを)理解できるようになった」と語っている。

 当のフェルスタッペンは、平然とした口調で以下のように述べている。 

「こういうことは、常にポジティブに捉えている。誰かが自分のことを話題にするのは、何か正しいことをしているからだと考えるんだ。いつだって批判をする人間はいる。何人かは味方で、何人かは否定的なんだ。でも、僕らはフェラーリと戦っていて、レッドブル・チームのために最高の仕事をしようとしている。黙って抜かれるわけにはいかない」

「当然ながら僕は常に限界で走っていて、それが成功の秘訣だ。もし限界を下回っていたら、自分にできるはずのことを達成できないままになってしまう。つまり(批判は)僕の何も変えはしない。何も悪いことをしていないのだから、前とまったく同じように走るつもりだよ」

 スペインGPでトロロッソからレッドブルへと昇格したことで、自身に大いなる期待がかけられていると、フェルスタッペンは認識している。メルセデスの2台が1周目で共倒れとなったバルセロナを制し、その後も3度の表彰台を獲得。現在はドライバーズランキングで6位につけている。

「優勝したから、当然みんなが、より多くを期待している。ただ僕としては、どんな週末でも同じようなアプローチをするだけだ。できるかぎり最高の仕事、セッティング、ドライビングができるように努力する。新しいチームで、すぐに優勝できたことは僕にとっても驚きだっし、それ以降は何もかもがうまくいっている」

「トロロッソもプロフェッショナルなチームだったけれど、レッドブルは様々な部分でレベルが違う。だから僕自身もステップアップしなければならなかった。シーズンの最中に別のチームへ移籍するというのは簡単なことではないけれど、いまのところは、すべてがうまく回っている。楽しんでいるし、ペースも良い。結果も出せていて、いまの居場所がとても気に入っているんだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月23日(火)16時25分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。