ここから本文です

木村拓哉×三池崇史監督 映画『無限の住人』2017年GW公開

Billboard Japan 8/23(火) 19:45配信

 木村拓哉が主演を務める三池崇史監督映画『無限の住人』の公開が、2017年のゴールデンウィークに決定した。

新装版『無限の住人』写真

 原作は沙村広明によるコミックで、1993年から2012年まで講談社『月刊アフタヌーン』にて連載。その圧倒的な画力と斬新な殺陣描写により「時代劇」というジャンルを超えたアクションコミックとして話題を呼び、累計発行部数は750万部を突破している。今回の実写映画化を記念して、8月23日には新たな描き下ろしビジュアルが採用された新装版が第3巻まで発売となった。映画公開までの間、続々とリリースされる予定となっている。

 映画で木村拓哉が演じるのは、不死身の体を持つ剣士・万次。「面倒くせぇ」が口癖だが、頼りがいのある男が引き受けたのは、“最初で最後”となる少女・浅野凜の用心棒だった。現在、発表されているキャストは木村拓哉のみだが、今後も豪華本格キャスト陣の発表が控えている。

 撮影は2015年11月から2016年1月初旬にかけてオール京都ロケで行われ、現在編集中。2017年の日本映画界から世界に挑むビッグプロジェクトがついに始動する。



◎映画『無限の住人』
2017年GW公開
主演:木村拓哉
原作:沙村広明『無限の住人』(講談社『アフタヌーン』所載)
監督:三池崇史
脚本:大石哲也
製作:映画「無限の住人」製作委員会
制作プロダクション:OLM
配給:ワーナー・ブラザース映画 
(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会

最終更新:8/23(火) 19:45

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]