ここから本文です

ザック・エフロン「俺の腹違いの兄弟」、自分と似ているリオ五輪選手を祝福

クランクイン! 8月23日(火)12時15分配信

 日本が過去最多の41個のメダルを獲得したリオ五輪。21日に閉会するまでに数々のドラマが生まれたが、先週リオデジャネイロに赴き、アメリカ代表選手と交流した俳優ザック・エフロンは自分とそっくりの“兄弟”を見つけたという。

【関連】ザック・エフロンそっくり?「マイケル・ヒクソン選手」フォトギャラリー


 Us Weeklyなどの海外メディアもザックの“ドッペルゲンガー”と話題にした人物は、男子3mシンクロ飛板飛込で銀メダルを獲得した米マイケル・ヒクソン選手。ザックは自身のインスタグラムにヒクソン選手とのツーショットを投稿し、「俺の腹違いの兄弟」と星条旗と笑顔の絵文字と共に紹介し、銀メダルを祝福した。

 確かに同じような頬骨の高さで、えくぼの出る笑顔や鼻、口元などが似ている。

 一方、ヒクソン選手は2020年の東京五輪を視野に、ザックが投稿した2人の写真を自身のインスタグラムに転載し、「2020年東京に向けて新しいシンクロのパートナーを見つけた」と、ジョークを飛ばした。

 ザックが投稿したヒクソン選手との写真は、23日10時現在、100万件の「いいね」を獲得。「この世にいる最高にいい男の2人が1枚の写真に…。素晴らしい決定的瞬間ね」「世界で最も美しい笑顔」「このおかげで幸せ」といった喜びの声が届いている。

 ザックは他に、陸上短距離のジャマイカ代表ウサイン・ボルト選手の走りを見た後に、ボルト・ポーズを取っているミニ動画や、体操のシモーン・バイルス選手とのツーショット写真などを投稿。リオ滞在を満喫している様子だった。

最終更新:8月23日(火)12時15分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。