ここから本文です

沖縄・モノレール3駅の昇降機、9月中に復旧の見通し

沖縄タイムス 8/23(火) 15:35配信

 沖縄都市モノレール(モノ社)の駅舎につながる昇降機が故障し復旧に時間がかかっている問題で、沖縄県とモノ社は23日、県庁で会見し、県が管理する3駅について来月30日までに復旧する見通しとなったことを明らかにした。モノ社と、昇降機を管理する国、県、那覇市の4者で対応を協議する2回目の検討会議を今月25日に開く予定。

 県によると、故障した昇降機のうち古島駅のエレベーターが来月9日、おもろまち駅のエスカレーター、儀保駅のエレベーターは同30日に復旧する見込み。当初は復旧まで9月末から12月末までかかる見通しだったが、部品の調達にめどついたという。

 一方、モノ社は、牧志駅で故障していたエレベーターが21日に復旧したことを明らかにした。

 県は今後、モノ社が修繕費用を立て替え、修繕後に精算できるようモノ社との契約内容の改定を検討する方針。

最終更新:8/23(火) 15:40

沖縄タイムス