ここから本文です

デヴィッド・ボウイ、ベルリン時代のアパートにメモリアル・プレートが設置される

RO69(アールオーロック) 8/23(火) 12:54配信

デヴィッド・ボウイがベルリン時代に居住していたアパートのエントランスに、ボウイを讃えるメモリアル・プレートが設置された。

ボウイは1976年から1978年にかけて、当時の西ベルリンのシューネベルク地区のアパート、「Hauptstraße 155」にイギー・ポップと共に住んでいた。

この時代にボウイはいわゆる「ベルリン三部作」と呼ばれる『ロウ』(1977)、『ヒーローズ』(1977)、『ロジャー』(1979)を制作した。今回設置されたプレートはボウイのベルリン時代を偲び、また当地で制作されたこの3枚の偉大なアルバムを讃える目的で制作されたものとなっている。

磁器製のこのプレートには次のようにドイツ語で記されている。「デヴィッド・ボウイは1976年から1978年にかけてこの家に住んでいた。その時代には『ロウ』、『ヒーローズ』、『ロジャー』と3枚のアルバムが作られ、これらは“ベルリン3部作”と呼ばれ音楽史に刻まれることとなった」

また、プレートのメッセージの最後には“Heroes”からの一節をとって「We can be heroes, just for one day」と記されている。

現在の「Hauptstraße 155」とプレートの様子はこちらから。
https://twitter.com/XopheRobin/status/767777028829540352?ref_src=twsrc5Etfw
https://twitter.com/NLebrecht/status/767754204907732992?ref_src=twsrc5Etfw
https://twitter.com/CNTraveler/status/767801290814619648?ref_src=twsrc%5Etfw

RO69(アールオーロック)

最終更新:8/23(火) 12:54

RO69(アールオーロック)