ここから本文です

アトレティコ、今夏最後にFKの名手を狙う トルコ代表チャルハノールに関心

SOCCER KING 8月23日(火)16時34分配信

 アトレティコ・マドリードが、レヴァークーゼンに所属するトルコ代表MFハカン・チャルハノールの獲得に動いているようだ。スペイン紙『アス』が22日に報じている。

 報道によると、アトレティコ・マドリードが今夏の移籍市場における最後の補強候補としてチャルハノールの名前を挙げている。同クラブは2014年夏にも同選手に関心を示していた模様で、2年越しでの獲得が実現するかどうか注目が集まる。

 アトレティコ・マドリードはチャルハノールの獲得へ向けて移籍金2000万ユーロ(約22億7000万円)を準備していると伝えられている。

 チャルハノールは1994年生まれの22歳。カールスルーエの下部組織出身で、2012年にトップチームに昇格した。同年8月にハンブルガーSVに移籍。1年目はカールスルーエへのレンタル移籍という形で残留し、2013-14シーズンからはハンブルガーSVで活躍した。2013年にはトルコ代表デビューを果たしている。

 着々とキャリアを積み重ねてきたチャルハノールは2014年夏にレヴァークーゼンへ移籍し、背番号「10」を与えられた。昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場して3ゴールを記録。トルコ代表の一員としてユーロ2016にも参戦し、2試合に出場した。

 直接FKの名手として知られるチャルハノール。バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーからもゴールを奪うなど、セットプレーの能力は折り紙付きだ。

 移籍市場は残り10日を切った。フランス人FWケヴィン・ガメイロやアルゼンチン代表MFニコラス・ガイタンらを獲得したアトレティコ・マドリードが、さらなる補強を実現させるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:8月23日(火)16時34分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。