ここから本文です

チェルシー、21歳DFロマニョーリ獲得に40億円オファー ミランは放出拒否

SOCCER KING 8月23日(火)18時8分配信

 チェルシーが、日本代表FW本田圭佑が所属するミランのU-21イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ獲得オファーを出していたことが明らかになった。23日、イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』の報道を引用して、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。
 
 同メディアによると、チェルシーはロマニョーリ獲得のために3000万ポンド(約39億6000万円)のオファーを提示した模様。しかしながら、ミラン側は同選手を売却する意思はなく、チェルシーに断りを入れたようだ。

 現在21歳のロマニョーリは、ローマの下部組織出身で2012年にトップチームデビュー。2014-15シーズンはレンタル移籍先のサンプドリアでプレーし、2015年夏にミランに完全移籍した。昨シーズンはセリエAで34試合、コッパ・イタリアでも6試合に出場し、2得点を挙げている。

 また、同選手は各年代のイタリア代表でも活躍し、U-21イタリア代表としては13試合に出場している。

SOCCER KING

最終更新:8月23日(火)18時8分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。