ここから本文です

香川が今季公式戦初ゴール含む2発! ドルトムントの快勝に大きく貢献

ゲキサカ 8月23日(火)8時22分配信

[8.22 DFB杯1回戦 トリアー0-3ドルトムント]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は22日、1回戦を行った。MF香川真司が所属するドルトムントは敵地でトリアー(4部)と対戦し、3-0で勝利した。先発フル出場した香川は、前半8分に今季公式戦初ゴールを記録すると、同33分にも追加点を挙げ、勝利に大きく貢献した。

 14日に行われたドイツスーパー杯・バイエルン戦(0-2)では、先発フル出場も得点に絡めなかった香川だが、この日は格下相手に2ゴールを記録し、27日のブンデスリーガ開幕戦・マインツ戦に弾みをつけた。まずは前半8分、敵陣中央でパスを受けた香川は左サイドにはたき、そのままゴール前に走り込む。MFアンドレ・シュールレのクロスをFWピエール・エメリク・オーバメヤンが競ってこぼれたボールを香川が右足でゴール右隅に流し込み、今季公式戦初ゴールを挙げた。

 さらに前半33分に香川が追加点。MFゴンサロ・カストロのスルーパスをPA中央でシュールレがスルーすると、PA左に走り込んだ香川が左足で流し込み、2点目。ドルトムントは前半終了間際の45分にも右サイドに流れたオーバメヤンのクロスを、ファーサイドでフリーで待っていたシュールレが左足ボレーを叩き込み、3-0で前半を終えた。

 後半もゲームコントロールするドルトムントだが、同8分にはオーバメヤンが放ったヘディングシュートはクロスバーに嫌われ、同31分のFWアドリアン・ラモスの決定機もチャンスを生かせず、そのまま3-0で試合終了。香川の今季公式戦初ゴールを含む2ゴールとシュールレの移籍後初ゴールでドルトムントが2回戦進出を決めた。

最終更新:8月23日(火)8時29分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]