ここから本文です

本田獲得を諦めないモイーズ・サンダーランド、再オファーをミラン側は受け入れ姿勢も…

ゲキサカ 8月23日(火)12時8分配信

 サンダーランドを率いるデイビッド・モイーズ監督は、ミランに所属する日本代表MF本田圭佑の獲得を諦めていない。

 本田はミランと2017年まで契約を結んでいるが、今季からチームを率いるビンチェンツォ・モンテッラ監督が、MFスソを高く評価し、MFホセ・ソサの加入もあって、オファー次第では今夏に移籍する可能性があると伝えられている。だが、マーケティング面でチームに貢献する本田に対して、ミランは移籍金を1000万ユーロ(約11億4000万円)以上と設定している。

 そんな中、約2週間前にサンダーランドがミラン側に本田獲得を打診。しかし、本田自身が移籍を望まず、ミラン側も要求額に満たなかったためか、否定的な姿勢を示したため、具体的な交渉に発展しなかったと伝えられている。

 それでも諦めきれないサンダーランドは、英『デイリー・ミラー』によると、今度は要求額に匹敵する移籍金850万ポンド(約11億2000万円)で再オファー。ミラン側も今回のオファーであれば受ける意向を示している。だが、本田は1度目のオファー同様に難色を示しているとのこと。セリエA開幕戦では出番なしに終わった本田だが、このままミラン残留となるのだろうか。

最終更新:8月23日(火)12時15分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報