ここから本文です

グリエーズマンが長袖&7番にこだわる理由

ゲキサカ 8月23日(火)19時58分配信

 アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンは、元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏が少年時代のアイドルだったと語っている。英『ガーディアン』が伝えた。

 2014年7月にアトレティコに移籍したグリエーズマン。1年目から背番号7をつけると、リーガ・エスパニョーラで22得点を記録し、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが2011-12シーズンに挙げたフランス人のリーガ最多得点記録である21得点をいきなり塗り替えた。

 2年目の2015-16シーズンには、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でバルセロナ、バイエルンといったビッグクラブ相手にゴールを奪い、チームの決勝進出に大きく貢献。フランス代表でも7番を背負うグリエーズマンは、今夏のEURO2016では歴代2位の大会6ゴールを挙げ、MVPと得点王の個人2冠を獲得した。

 背番号7のイメージとともに、暑い中でも長袖のユニフォームを着こなす姿が印象的なグリエーズマンだが、それはベッカム氏の存在が大きく影響しているという。『ガーディアン』によると、グリエーズマンは「私は子供の頃からベッカムがとても好きだった。長袖のユニフォームを着用し、7番を背負う理由はそれだよ」と明かしている。

 ベッカム氏を崇拝するグリエーズマンは、2015-16シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞の最終候補者3名にもノミネート。2011年からバロンドールに代わる賞として作られた同賞だが、ベッカム氏はマンチェスター・ユナイテッド時代の1999年に一度ノミネートされたのみ。昨季CL、EURO2016ともに決勝で涙をのんでいるグリエーズマンは、最終投票が行われる8月25日に、“ベッカム超え”を果たせるだろうか。

最終更新:8月23日(火)23時33分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]