ここから本文です

地方創生にICT活用 四国総通局長、松山で講演会

愛媛新聞ONLINE 8月23日(火)11時32分配信

 地方創生と情報通信技術(ICT)の利活用をテーマにした講演会が22日、愛媛県松山市内であり、四国総合通信局の佐藤裁也局長が愛媛での取り組みなどを紹介した。
 松山法人会が主催し、約90人が聴講した。佐藤局長は、伊勢志摩サミットに合わせて高松市で4月に開かれた先進7カ国(G7)情報通信相会合について説明。健康・医療分野や高齢化、防災対策などにICTを活用することなどが議論されたことを挙げ、それぞれの課題解決に加えて「(ICTが)地域活性化に寄与することについても共通理解が得られた」と成果を強調した。
 愛媛発の取り組みとして、婚活支援に当たるえひめ結婚支援センター(松山市)がビッグデータを使った独自のマッチングシステムを運用し、他県での採用も進んでいるとした。
 文部科学省の調査で県内の高校教員のICT活用指導力が全国一である点や、愛媛CATV(同)の放送コンテンツの海外発信、大手通信会社の松山市内への拠点整備なども踏まえ「松山都市圏でのICT創都はこれから進化できるとみている」と期待を込めた。

愛媛新聞社

最終更新:8月23日(火)11時32分

愛媛新聞ONLINE