ここから本文です

欧州株:小幅高、上げ幅縮小-年内の米利上げ観測再浮上で鉱業株続落

Bloomberg 8月23日(火)2時30分配信

22日の欧州株式相場は上昇したものの、上げ幅を縮小して引けた。年内の米利上げ観測が浮上する中で鉱業株が売られ、全体を圧迫した。

指標のストックス欧州600指数はユーロ安を追い風に、一時は前週末比0.9%高まで上昇したが続かず、0.3%安に沈む場面もあった。終値は0.1%高の340.43。フィッシャー米連邦準備制度理事会(FRB)副議長が年内の利上げは依然可能だと示唆したことでドルが上昇したため、商品は売られ、鉱業株が業種別で最も大きく下げた。

先週は米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁からも、9月利上げに含みを持たせる発言が出ていた。BNPパリバ・フォルティス(ブリュッセル)のチーフ戦略責任者、フィリップ・ガイゼル氏はまた、ストックス600指数の株価収益率が予想ベースで約15倍と今年に入って最高の水準付近にあることを指摘した。

「しばらくの間、市場はこの利上げ(観測)で行きつ戻りつしている」と同氏は述べ、「バリュエーション面ではそれほど安くなく、市場は実際よく持ちこたえている。このため市場関係者は金利上昇を警戒している」と見方を示した。

国別指数では、英国のFTSE100が0.4%安。フレスニーヨ、アングロ・アメリカン、ランドゴールド・リソーシズの鉱業3社はそれぞれ4%を超える下落。ドイツDAX、フランスCAC40はともに朝方の上昇を消し、小幅安で引けた。イタリアのFTSE・MIB指数は0.4%高。ポポラーレ・ディ・ミラノ銀行やバンコ・ポポラーレが上げを主導した。

原題:Europe Stocks Little Changed, While Miners Drop for Second Day(抜粋)

Camila Russo

最終更新:8月23日(火)2時30分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]