ここから本文です

8月22日の海外株式・債券・為替・商品市場

Bloomberg 8月23日(火)5時53分配信

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル上昇、FRB副議長発言で年内利上げ観測強まる

22日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。米連邦準備制度 理事会(FRB)のフィッシャー副議長が米経済は金融当局の掲げる目 標の達成に近づいていると述べたことで、年内利上げの観測が強まっ た。

ドルは主要通貨のほとんどに対して上昇し、ドルの動きを示す指数 は2営業日続伸となった。先週は複数の米金融当局者から年内利上げの 可能性を示唆する発言が出ていたが、フィッシャー副議長も21日の講演 で同様のシグナルを発した。フェデラルファンド(FF)金利先物のデ ータによれば、副議長の発言を受けて12月までの利上げ確率は53%に上 昇した。

BNPパリバのシニア米国エコノミスト、ローラ・ロスナー氏は 「フィッシャー副議長は、年内の追加利上げに対する市場の期待をやや 高めたようだ」と述べた。同氏は米当局が9月に利上げすると見込んで いる。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は前週末比0.2%上昇。ドルは対円で0.1%高の1ドル=100円33 銭。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.1319ドル。

フィッシャー副議長は21日、コロラド州のアスペン研究所での講演 で「われわれの目標に近いところにある」と発言。「今後を見据える と、投資が驚くほど弱い局面から回復し、過去のドル高の影響が弱まる ことから、向こう数四半期に国内総生産(GDP)の伸びは加速すると 予想する」と述べた。具体的な金利見通しは示さなかった。

先週にはニューヨーク連銀のダドリー総裁が、力強い雇用の伸びを 受けて賃金が上昇し始めるとの認識を強めていると指摘。またサンフラ ンシスコ連銀のウィリアムズ総裁は、次回9月の連邦公開市場委員会 (FOMC)では全ての会合と同様、利上げを討議する可能性があると 述べた。セントルイス連銀のブラード総裁は、当局の目標に「非常に近 い」ところにあると指摘した。

1/7ページ

最終更新:8月23日(火)7時0分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]