ここから本文です

金や宝石、シンガポールの保管庫に積み上がる-安全資産求める動きで

Bloomberg 8月23日(火)13時21分配信

マルカ・アミットがシンガポールで運営する保管庫と貸金庫に預けられている金や銀、宝石の量が過去1年間にほぼ90%増加した。マイナス金利や景気低迷、政治的不透明感が広がる中、富裕層の投資家が安全資産を求めていることが背景にある。

マルカ・アミット・シンガポールのマネジングディレクター、アリエル・コヘレット氏は先週のインタビューで、同社がシンガポールで運営する施設の利用率は約70%に上り、保管されている貴重品の90%余りを貴金属が占めていることを明らかにした。特定の統計は提供しなかった。同氏によると、同社の今年の収入は前年比で少なくとも45%増えている。

同社で12年間勤務するコヘレット氏(41)は「富裕層の個人がポートフォリオを貴金属や宝石などの有形資産に分散しようとする傾向が見られる。これは、主に富を保全するためだ。安全と考える場所として香港とシンガポールなどを検討している」と説明した。

原題:Gold And Gems Pile Up in Singapore Vault on Quest for Haven (2)(抜粋)

Ranjeetha Pakiam

最終更新:8月23日(火)13時21分

Bloomberg