ここから本文です

ウォール街のスター債券トレーダー、チャイナマネーで米国債に賭ける

Bloomberg 8月23日(火)13時32分配信

ニューヨーク市マンハッタンから車で約1時間のコネティカット州ノーウォーク。小さなオフィスビルにひっそりと入居するのは、ウォール街のスター債券トレーダーが中国企業と手を組んで米国債市場に大きな賭けをしようとしているヘッジファンドだ。

若干奇妙な社名のCCSZFマネジメントには中国中信集団(CITICグループ)傘下のCITICキャピタルが出資している。シードマネー、つまり創業資金を提供したのはCITICキャピタルだ。中国工商銀行も資金提供に関与した。

キーマンはスティーブン・シウ氏だ。グリニッチ・キャピタル・マーケッツの自己勘定トレーディングデスクで、米国債のアービトラージ戦略の確立に約20年にわたって携わってきた人物だ。グリニッチ・キャピタルはその後、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループの一角に入ったが、元同僚らはシウ氏について最も経験豊かなトレーダーの1人だと話す。債券・先物市場におけるごくわずかな価格差を探る鋭い目を持つ人材だという。

グリニッチ・キャピタルで2000年代半ばにシウ氏と共に働いたデービッド・エーダー氏は「彼は本物だ」と語る。そう言うエーダー氏もインスティチューショナル・インベスターの年次調査で、トップランクの米金利ストラテジストに11年連続で選ばれている。

CITICキャピタルはCCSZFの資本金5000万ドル(約50億円)のうち4500万ドルを提供。シウ氏の他にやはりグリニッチ・キャピタルで働いていたジム・チャオ、クリスチャン・フォックス両氏もCCSZFの少数株主となっている。CCSZFという社名は、CITICキャピタルと3氏の名字の頭文字を組み合わせたものだ。

シウ氏はコメントを控えている。CITICキャピタルと中国工商銀行の担当者もコメントしなかった。

原題:Using Chinese Money, a Hedge-Fund Startup Bets Big in Treasuries(抜粋)

Miles Weiss

最終更新:8月23日(火)13時32分

Bloomberg