ここから本文です

ウォルマート、インドからの綿供給を検証-ターゲットが取引打ち切り

Bloomberg 8月23日(火)16時11分配信

小売り最大手の米ウォルマート・ストアーズは同社に製品を供給しているウェルスパン・インディアの綿に関する認定記録を検証している。米ターゲットは高級エジプト綿製だとして安価なベッドシーツが納入されていたとの理由でウェルスパンとの取引を打ち切った。

23日のインド株式市場では、ウェルスパンの株価は2日連続で値幅制限いっぱいの20%安となっており、2日間の下げとしては1999年以来の大きさ。ウォルマート広報のマリリー・マックイニス氏は検査が進行中で、同社はウェルスパンと引き続き協議し、問題が発覚すれば適切に対処する方針だと述べた。

ウェルスパンは22日、サプライチェーンを検証するとし、プロセスを調べるため「4大」会計事務所を起用すると説明。ターゲットはウェルスパンから供給されたベッドシーツや枕ケースがエジプト綿だと誤って表示されていたことが分かったとして、19日に問題の商品を店舗から引き揚げた。

原題:Wal-Mart Reviews Welspun Records After Target Pulls Sheets (1)(抜粋)

K Oanh Ha

最終更新:8月23日(火)16時11分

Bloomberg