ここから本文です

イブキなど、新潟2歳S厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 8月24日(水)17時9分配信

 新潟2歳S(GIII・芝1600m)に出走予定の中から、左回りの東京&新潟で勝ち上がった注目馬についての関係者のコメント。

〔東京デビュー〕
■マイネルバールマン(牡2・美浦・栗田博憲)について、柴田大知騎手。
「前走(ダリア賞・OP・2着)の前の稽古では、少し気負っていた部分はありましたが、レースでは力まず上手に走れていました。前走からガラッと変わった感じはないですが、上積みはあるように思います。前走も力まず走れていましたし、距離が延びても大丈夫でしょう」

■イブキ(牡2・美浦・奥村武)について、奥村調教師。
「週末に53秒前後の時計を出していますので、疲労を取りながらの調整ですが、今日(8/24)の追い切りは時計も予定通りでした。ジョッキーも乗りやすくて言うことないと言っていました。飼い葉も食べてくれていますし、痛いところもなく順調で、強い調教にも耐えて頑張ってくれています。デビュー前のゲート練習ではさほど出は速くなかったのですが、いざレースではスタートが良かったので、センスが良いのでしょう。普段はのんびりしていますが、だいぶピリッとしてきましたね。

 あとはルーラーシップの子だけに、今回はゲートの中が心配です。新馬の前からゲートには気を遣ってやってはいますが、勘の良い馬だけに、それが悪い方にいかなければいいなと思います。まだ華奢でもう少しパワーアップしてほしい面もありますが、デビュー時と比べて体の軸はしっかりしてきましたし、乗り手もそう言っています。トビが大きい馬なので、小回りより広いコースの方が良いです。次に繋がる競馬をしてほしいですね」

■ウインシトリン(牝2・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
「新馬勝ちしましたが、稽古より実践に行って良い動きをしてくれました。レース上手で、最後もしっかり伸びていましたね。レース後は放牧に出し、戻って来てからも、ここを目標に順調です。今日(8/24)の追い切りは気分良く走っていて内容も良かったですし、体調も良さそうですね。コース替わりも問題ないでしょう」

〔新潟デビュー〕
■チシャーキャット(牝2・美浦・小桧山悟)について、小桧山調教師。
「デビュー戦は除外されて1週延びたことが、かえって良かったかもしれません。新馬勝ちの時計も恥ずかしくはないですし、内容も悪くなかったですね。中間も順調に来ていますし、今日(8/24)の追い切りの動きも良かったです。距離はやってみなければわかりませんけど、能力は良いものがあると思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:8月24日(水)17時9分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]