ここから本文です

ディズニー音楽と融合したブラスト!、ついに開幕

チケットぴあ 8/24(水) 16:06配信

マーチングバンドをベースにしたパフォーマンスショー「ブラスト!」とディズニーの名曲がコラボした公演「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」がついに開幕。8月23日から東京国際フォーラム ホールCで絶賛上演中だ。

【そのほかの画像はこちら】

2003年に初来日を果たしたブラスト!は、これまでに累計100万人を動員。60種類以上の楽器を演奏しながらステージを動き回る圧巻のパフォーマンスや、バトンやフラッグを駆使するダンサーたちによるビジュアルアンサンブル、それがひとつになる圧巻のステージで魅了し続けてきた。本公演は、ディズニー音楽と初めて融合したブラスト!の新公演で、世界に先駆けて開催されている。

公演では、『ライオン・キング』の『サークル・オブ・ライフ』、『アナと雪の女王』の『レット・イット・ゴー~ありのままで~』、『ファンタジア1940 & 2000』の『魔法使いの弟子』、『リトル・マーメイド』の『アンダー・ザ・シー』など、おなじみのディズニーの名曲たちを次々と披露。ブラスト!のダイナミックでクールなパフォーマンスにディズニーのファンタジーな要素が加わった目くるめく世界に、目を離すことができない。楽曲ごとに舞台セットを変化させて宇宙や海の中などを作り出し、魔法の世界へといざなっていった。

今回は、日本人キャストが過去最多となる4人出演。ブラスト!の顔であるスネアドラマーの石川直は健在ぶりを示す高速ドラムソロで観客の舌を巻き、和田拓也は息の合った美しいビジュアルアンサンブルで魅了、米所裕夢はロマンティックなトランペットの音色で観客を引き込んでいた。全編通して度々登場するバトントワラーの本庄千穂は、華麗な妙技でステージを幻想的に彩っていた。

公演の休憩時間には、おなじみの「インターミッション・パフォーマンス」ももちろん行われる。パーカッションプレイヤーたちによるパフォーマンスが間近で楽しめるとあって多くの観客が集まり、数々の超絶テクニックで喜ばせた。

「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」は、9月6日(火)まで東京国際フォーラム ホールCで上演。その後、大阪、滋賀、名古屋へ巡演する。チケットは発売中。さらに、来年には全国ツアーを行うことも決定しており、今後もブラスト!から目が離せない。

最終更新:8/24(水) 16:06

チケットぴあ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]