ここから本文です

“世界で最も稼ぐ女優”はジェニファー・ローレンス

ぴあ映画生活 8月24日(水)10時17分配信

Forbesが、毎年恒例の“最も稼ぐ女優”ランキングを発表した。1位は昨年に続きジェニファー・ローレンス。ローレンスは昨年1年で4,600万ドルを稼いだが、昨年より600万ドル減っている。

その他の情報

2位はメリッサ・マッカーシーの3,300万ドル。3位はスカーレット・ヨハンソンで2,500万ドル。

以下は、ジェニファー・アニストン(2,100万ドル)、ファン・ビンビン(1,700万ドル)、シャーリーズ・セロン(1,650万ドル、)、エイミー・アダムス(1,350万ドル)、ジュリア・ロバーツ(1,200万ドル)、ミラ・クニス(1,100万ドル)、ディーピカー・パードゥコーン(1,000万ドル)と続く。

トップ10の女優たちが稼いだ総額は、2億500万ドル。2,000万ドル以上稼いだ女優は4人で、昨年よりひとり増えている。

文:猿渡由紀

最終更新:8月24日(水)10時17分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。