ここから本文です

【Krush】再起戦で豪快KO勝利の堀尾竜司「ベルトを取り戻す」

イーファイト 8月24日(水)7時10分配信

 8月20日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催された『Krush.68 ~in NAGOYA~』の記者会見が、23日(火)都内にて行われた。

【フォト】ハイキックで豪快に勝負を決めた堀尾

 3月の王座陥落から5カ月ぶりとなる再起戦で、地元・名古屋出身の倉崎昌史(GET OVER)からハイキックによる豪快KO勝ちを収めた前Krush -55kg王者・堀尾竜司(TRY HARD GYM)が会見に出席。勝利の喜びを語るとともに、試合を振り返った。

「KO勝ちという結果だけでなく、自分の戦い方が向上していることを実感出来たので、とても嬉しいです」と満足そうな表情を浮かべた堀尾。「これまでは相手をKOするときに、飛びヒザ蹴りなどの派手な技を用意してひたすら狙うだけでした。でも今回は、この流れでこう攻めたら上手く決まるなといったように、試合をやりながらKOまでの展開が冷静に見えるようになって、自分の中でKOまでの構成が作れるようになりました」と具体的な変化を説明する。

 さらに試合を決めたハイキックについても「倉崎選手は蹴りよりもパンチが圧倒的に多い選手なので、こちらもパンチの練習・対策をかなり増やしてやってきました。パンチの距離感がつかめるようになったおかげで、相手の攻撃をもらわなくなったし、今度は逆に自分の蹴りを当てる距離も取れるようになったので、ハイキックも上手く当てられたと思います」と冷静に分析した。

 今後の目標について、堀尾は「一番は失ったベルトを取り戻すことですね」と、3月に寺戸伸近に奪われたKrush -55kg王座の奪還を掲げた。「タイトルマッチの相手はもちろん寺戸選手が良いのですが、ベルトを持っている選手は誰でも倒す準備は出来ています」と目標達成に向けて自信を見せた。

最終更新:8月24日(水)7時10分

イーファイト

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。