ここから本文です

カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

インサイド 8月24日(水)10時0分配信

カプコンは、家庭用ゲーム機と交通系ICカードを連動させた、新たな遊びを提供するゲームソフトを製作していると発表しました。

【関連画像】

3DSシリーズ対応となる本作は、交通系ICカードを使った乗車履歴などの情報を、ゲーム内のアイテム入手やキャラクターとのコミュニケーションに反映するシステムを搭載します。今回用いられるシステムは、ジェイアール東日本企画の協力により実現。詳細などはまだ明かされていませんが、交通機関の利用とゲーム性が結びつくことで、新たなプレイ体験を味わうことができる一作になるかもしれません。

対象となる交通系ICカードは、全国で利用可能な交通系ICカード計10種。幅広く利用されているカードを用いて楽しむことができるので、既に手持ちのカードがある方は、改めて申請する必要なく手軽に楽しめることでしょう。なお、実在する全国9,000駅以上の駅がゲーム内にも登場するとのこと。現実と深くリンクする新たなゲームの登場が、早くも待ち遠しいばかりです。

■対象となる交通系ICカード一覧
・Kitaca
・Suica
・PASMO
・TOICA
・manaca
・ICOCA
・PiTaPa
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん

最終更新:8月24日(水)10時0分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。