ここから本文です

<三浦理恵子の美容ライフ>連載100回目を迎えました!

毎日キレイ 8/24(水) 17:00配信

 2012年7月からスタートした「毎日キレイ“三浦理恵子の美容ライフ”」も、今回でなんと100回目を迎えることになりました! いつも読んでくださっている皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

【写真特集】インコ先生と三浦さん…撮影現場での一コマ

 今回は100回目の誓い!と題して、毎日キレイについて語りたいと思います。

 ◇オリジナルのキレイ探し

 “いくつになってもキレイでいたい!”

 誰もが願う目標ですが、「毎日キレイ」の連載を通して、”内側のキレイ”の重要性を強く感じました。

 心のゆとりがあること……内臓が健康であること……。

 外見を磨くのと同時に、内側のキレイを実践することが、“美しさ”への近道だと気付きました。

 この連載のはしばしに、温める、流す、デトックスする、などのキーワードがたくさん出てきます。意識せずにキレイ探しをしている間、内臓のケアをしていたのだと思います。それは年齢を重ねて、やっと気付けたことです。そして、美への意識の高い対談ゲストの皆さんから教えていただいたことでもあります。皆さんのお話を思い出してみると、共通していることは、ご自身としっかり向き合って、いいところも、改善すべきところも、知っているということ。誰よりも自分の体の理解者であることが、大切なのです。私もそういられるように心掛けています。

 そして、これからも「毎日キレイ」でいるために、新しいことにチャレンジして、努力していくことを誓います!

 ◇芸能人がキレイな理由

 テレビを見ていると、魅力的な人ばかりですよね。それはなぜか、分かりますか? 私が思うのは、皆さん、自分の個性を生かしているから! 自分の欠点までも、チャームポイントにしてしまうくらい、自分と向き合っているんです。自分に合うダイエット法も、服の色も形も、表現方法も、すべて自分のことは知り尽くしているから揺るぎない強さが、皆さんを引きつけるのではないでしょうか。対談ゲストの皆さんも、芸能人の方々も、自分に厳しいという印象が強いです。仕事の合間に、ジムに通ったりするのは気持ちを高めるため。それは、時間がない……で片付けるのではなく、時間は作るものだということです。自分に厳しく、継続している人がキレイになっているのだと私は思います。

1/2ページ

最終更新:8/24(水) 17:08

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]