ここから本文です

ブラックバイトなどがテーマ「大学生活のリスク講座」9/22

リセマム 8月24日(水)11時45分配信

 全国大学生協連東京ブロックと全国大学生協連、大学生協共済連は9月22日、大学生協杉並会館で「第1回 大学生活のリスク講座ワークショップ」を開催する。参加費は無料。メールで参加申込みを受け付けている。

全国大学生活協同組合連合会 画像出典:全国大学生活協同組合連合会(大学生協)

 マルチ商法やキャッチセールスなどの悪質商法は巧妙化し、その手段も進化している。また、日常生活に不可欠なスマートフォンやネットにも、落とし穴が潜んでおり、思わぬトラブルに遭遇するリスクが高まっている。

 そのリスクを正しく認知し、自らの判断と行動で対処していくことが学生には求められているが、多岐に渡るリスクに関する知識を得る機会は多くはなく、特に新入生は不慣れな大学生活に戸惑い、悪質なカルトの勧誘やブラックバイトにつけ込まれる機会が多々あるという。

 これまで大学生協では悪質商法防止の取組みや、急性アルコール中毒への注意喚起を、また全国大学生協連と大学生協共済連では「学生の生活リスク講座」を開催してきた。

 これまでの取組みを踏まえ、より学生サイドに立って理解を深めるために多くの学生の体験や考えを聞き、個々のリスクの様相やその対処に学生自身が「気づいていく」ため、9月22日に「大学生活のリスク講座ワークショップ」を開催する。テーマとなるリスクは、「ブラックバイト」「キャンパスハラスメント」「カルト」「消費者トラブル」「ネットトラブル」の5つ。参加者には、特典として「大学生が狙われる50の危険」を贈呈する。

 学生や大学教職員を対象としており、メールで参加申込みを受け付けている。参加費は無料だが、交通費は各自負担。ワークショップ終了後には懇親会も予定されている。

◆第1回 大学生活のリスク講座ワークショップ
日時:9月22日(木・祝)13:30~17:30 ※終了後、懇親会
場所:大学生協 杉並会館 地下会議室(地下鉄丸ノ内線 東高円寺駅より徒歩10分)
対象:学生、大学教職員
参加費:無料(懇親会含む) ※交通費は各自負担
申込み:氏名、大学(所属)を記載のうえ、メールで受付

《リセマム 外岡紘代》

最終更新:8月24日(水)11時45分

リセマム