ここから本文です

【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

レスポンス 8月24日(水)8時0分配信

スバル『レヴォーグ』が年次改良し、同時に“STIスポーツ”が追加された。このクルマは上質な走りとともに、内装もそれに合わせた世界観を持たせたもので、レヴォーグのトップグレードに位置する。

[関連写真]

これまでのSTIの内装は、黒に赤いラインがあるなどでその世界観を表現していた。しかし、レヴォーグSTIスポーツはそうではなく、「より上質な走りに合わせた内装の世界観を表現するために、ボルドーを使っている」とは、スバル第一技術本部内装設計部鈴木正志さんの弁。

具体的には、「前から後ろ、あるいは後ろから前に流れるデザイン部分には黒を採用。比較的大きな面積を取れるところをボルドーにしている」と鈴木さん。更に黒を使いながら赤ステッチを取り入れたことで、「STIのスポーティ性を表しており、いわば、大人のスポーティさを目指しているのだ」と説明した。

実はこのボルドーのカラーは、レヴォーグがデビューしたころに出来ていたという。「とても良いカラーが出来たので、期間限定や台数限定ではもったいない。そこでトップグレードなどラインナップにしっかり落とし込んでユーザーに見てもらいたいと考えた」と振り返る。

一方で鈴木さんは、「このカラーは、万人が欲しいということにはならないかもしれない。正直にいうと怖さはゼロではない」と懸念を見せる。しかし、「そこをきちんと受け止めることで、スバルの内装色はもう一段上に行けると思っている」と話す。

そして、「このボルドーを使えるのはレヴォーグ以外考えられない。いきなり『フォレスター』に採用したら抵抗感が大きいだろう」とし、「最初にレヴォーグに採用したうえで、その世界観を『レガシィ』へ。その後『フォレスター』に展開したら納得してもらえる。このような展開をこれからやっていかなければいけない」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:8月24日(水)21時4分

レスポンス