ここから本文です

中国共産党が初CM「ずっとあなたと一緒」 なぜか文芸風?さっそくネットで「ネタ化」される

withnews 8月25日(木)7時0分配信

 中国共産党が95年の歴史の中で、初めてのテレビCMを作り、ネット上で早速「ネタ化」されています。日本やアメリカでは、政党がテレビCMを出すことは珍しくありませんが、事実上、選挙のない一党独裁の中国共産党が作るCMとはいったいどんな内容なのでしょうか?

【画像】さっそくネタ化された、中国共産党が作った「文芸風」CM

テイストは「文芸風」

 CMの登場人物は6人の一般共産党員です。職業は、清掃員・教師・交通警察・医師・隣のお兄さん・村の幹部で、6つの場面で構成されています。

【場面1】教師らしき女性が、黒板を綺麗に拭き、窓を締め、ドアを閉める。
【場面2】まだ暗い早朝、女性の清掃員が街を掃除しはじめる。
【場面3】病院で手術を終えた医師が、廊下の隅で仮眠を取る。
【場面4】大雨に打たれながらも、交通警察の警官が交通整理をする。
【場面5】隣のお兄さんが子どもたちのために街灯の電球を交換する。
【場面6】風雨のなか、港町の村幹部が漁民の船を一生懸命固定する。

CMのテーマは「ずっとあなたと一緒」です。

 映像の一緒に文芸風な台詞が語られます。

「私は誰?私はどんな人? 多分、あなた考えたことがなかっただろう」
「私は最も遅く帰る人。私は最も早く仕事をする人」
「私は自分のことを最も少なく考える人。私は最後まで堅持する人」
「私は最も速く行動する人。私はみんなのことを最も思う人」
「私は、中国共産党。ずっとあなたと一緒にいます」

「誰があなたと一緒にいたい?どけ!!」

 「人民網」「新華網」など、大手メディアでは「ネットユーザーが感動した」「ファンになっちゃった」と紹介されましたが、実際には様々な反応が出ているようです。

 中国版ツイッター「微博」の現地メディアのアカウント「中国日報」には、千をこえるコメントが寄せられました。コメントに対する「いいね」が多い投稿を見てみると……。

「私は最も汚職をしている人。私は最も頼まれても仕事を遅延する人。私は口実が最も多い人。私は何か事故があると、非常勤雇用者に罪をひっかぶる人。私は中国国民党、始終あなたと一緒」 (144いいね)

「コマーシャルならある程度の誇張は許せるが、うそはダメでしょう。『最も』『第一』などの言葉は使ってはいけない」(87いいね)

「党はいい党だが、人の心が汚くなっている」(68いいね)

「このような党員を見たことないが、このような人民がいる」(78いいね)

「誰があなたと一緒にいたい?どけ!!」(63いいね)

「見た後に確かに心に何かが沸き上がった…本当なことを言います、私から離れて!」(50いいね)

 中には、「CMのマイナスな点ばかり見ないで」という擁護の声もありました。

 「何故コメントのなかに共産党を批判するものがこんなに多い?すごい。いい党員も悪い党員も同時に存在する。共産党がいい面を宣伝しても普通でしょう。民衆もいい人と悪い人がいます。世界万物プラスとマイナス両面あるし、なぜマイナスばかりを見て、プラスは見ないの?」(90いいね)

 ただ、全体を見ると「いいね」が多かったのは、批判的な投稿でした。

1/2ページ

最終更新:8月25日(木)7時0分

withnews