ここから本文です

IT略語:CMYKって何の略なの?

ITmedia PC USER 8月24日(水)6時10分配信

 「CMYK」は主に印刷などに使われる発色方法で、色の表現方法の1つです。シアン(Cyan)、マゼンダ(Magenta)、イエロー(Yellow)、ブラック(K)の頭文字で、これらの配合比率を変化させてすべての色を表現します。ブラックのKは、キープレート(Key Plate)のKから来ています。これは印刷板のことで、通常黒インクのみが用いられたことから黒色を指します。

【CMYKって何のこと?】

 これらは混ぜれば混ぜるほど色が暗くなり、黒色に近づいていくため、減法混色と言われています。しかし、どんなに混ぜても濁った灰色になってしまうため、黒の部分を引き締めるために黒色を加えフルカラーを表現します。

最終更新:8月24日(水)6時10分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]