ここから本文です

増え続ける宅配便 届ける力、早く細かく37億個

朝日新聞デジタル 8月24日(水)5時30分配信 (有料記事)

 国内の宅配便数が爆発的に増えている。昨年度は37億個を超え、過去最高を更新。直近の5年間でも5億個以上増えた。押し上げているのはネット通販の普及だ。早く、ストレスなく――。商品を受け取るためのサービスも進化が続く。ただ、支える物流の現場ではドライバー不足が深刻化する。その最前線をみた。

 ■注文後1時間・出先に配達
 スマートフォンから商品を注文すると、1時間以内に届く。アマゾンジャパンは昨年、こんなサービスを始めた。品ぞろえは1万8千点からスタートし、拡大してきた。
 東京都大田区の会社員女性(45)は常連だ。……本文:5,313文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月24日(水)5時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。