ここから本文です

【Krush】9・30大会で前王者・堀尾竜司vs石田圭祐が決定

イーファイト 8月24日(水)7時53分配信

 9月30日(金)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.69』の記者会見が、8月23日(火)都内で行われ、追加対戦カードが発表された。前Krush -55kg王者・堀尾竜司(TRY HARD GYM)が『Krush.68 ~in NAGOYA~』に続く連続参戦。石田圭祐(K-1ジム・チームドラゴン)と対戦することが決まった。

【フォト】前回対決では判定2-1の接戦を繰り広げた堀尾と石田

 堀尾は3月のKrush-55kgタイトルマッチで寺戸伸近に敗れて王座陥落。約5カ月の休養を経て臨んだ8月20日のKrush名古屋大会で、倉崎昌史を豪快なハイキックでマットに沈め復活を果たした。対する石田は18戦14勝(8KO)4敗の戦績を持つ新進気鋭の21歳。前回大会では元タイ国イサーン地区スーパーフライ級王者ジョッキーレック・GTジムに1RでKO勝利を収めている。
 
 堀尾と石田は今回が3度目の対戦となる。初対決は2013年10月の「Krush YOUTH GP 2013 -55kg Tournament」の一回戦、2度目の対決は「第4代Krush -55kg級王座決定トーナメント」の一回戦で、いずれも堀尾が勝利している。

 この日の会見には堀尾と石田の両選手が出席し、試合に向けた意気込みを語った。

 石田は「前回、堀尾選手に負けてからほとんどの試合をKOで勝っていて、これまで以上にKOで決める力が身に付いてきたと思います。ここでリベンジするのがちょうど良いタイミングですね」とニヤリ。「1回目も2回目もさほど差もなく負けている感じなので、今回は圧倒的な差を見せてKO勝ちしたいと思います」とKOによる完全決着を予告した。

 迎え撃つ堀尾は「確かに、これまではさほど差もなく勝敗が決まっていました。今回は3回目なので、もう2度と戦わなくて良いくらいのKO劇を見せようと思っています」と応じた。さらに「僕に勝つためには僕を失神させるしかないです。僕は倒されても立ち上がるので。一撃必殺の技を出し合う試合になることを楽しみにしていて下さい」とKO必至の激戦を誓った。

 今大会では堀尾からKrush -55kg王座を奪取した寺戸が、Kings of Muay Thai -61kg王者チャールズ・ボンジョバーニ(フランス)を迎えてタイトル初防衛戦に臨むことが決まっている。

 これについて、石田は「意識はしていますね。はっきり言って、どちらにもKOで勝てる自信があるので、この試合に勝ったら確実にタイトルマッチを組んで欲しいです」と、Krush -55kg王座挑戦をアピールした。また、堀尾も「今回の試合で衝撃的なKOを見せた方が、寺戸vsボンジョバーニの勝者と早いうちに試合を組んでもらえると思っています」と王座奪還に向けて意欲を見せた。

<追加対戦カード>

▼Krush -55kg Fight 3分3R・延長1R
堀尾竜司(TRY HARD GYM/第4代Krush -55kg王者)
vs
石田圭祐(K-1ジム・チームドラゴン)

▼Krush -60kg Fight 3分3R
三輪裕樹(Madness Cherry)
vs
秋元僚平(K-1ジム五反田チームキングス)

▼Krush -53kg Fight 3分3R
秦文也(funny-G)
vs
金子晃大(K-1ジム。シルバーウルフ)※Krush初参戦

最終更新:8月24日(水)7時53分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]