ここから本文です

新川優愛、リオ五輪で体操団体金メダルの加藤凌平選手を祝福

リアルライブ 8月24日(水)10時38分配信

 女優でモデルの新川優愛が23日、都内で「保険のビュッフェ」レセプションパーティーに出席した。

 ファッション誌ノンノの専属モデルを務め、番組MCや女優業などバラエティやドラマで大活躍中の新川はストライプのジャケットにホワイトのパンツ姿で颯爽と登場、「できる女性のイメージで、ジャケットとパンツスタイルで来ました」とニッコリ。「保険のビュッフェ」のイベントということで、健康について気を遣っていることを問われると「年齢的にまだ病気というのは無いと思いますが、食事では野菜を多めに取ることを意識してます」と語った。

 一人っ子のため一人での行動が大好きという新川。「焼肉屋も一人で行きます。ショッピングなども一人行動に慣れているのでほとんど一人が多いです」と苦笑い。12歳の時に保険に入ったという新川は「お小遣いを切り崩して自分でやりました。今年で10年たって満期となり、少しですが戻ってきました」と堅実ぶりを披露。また趣味は貯金だという新川は「事務所から給料が振り込まれて通帳の金額が増えるのを見るのが一番の楽しみです」と意外なプライベートも明らかにした。

 リオ五輪で体操の団体金メダルに輝いた加藤凌平選手と同級生だったという新川は「当時から『オリンピックに出てメダルを獲る』と言ってました。夢を叶えるのは素晴らしいですね」と祝福。報道陣から「イケメンですよ」と振られると「私はタイプではないですね」とツレない返答をしつつも「4年後に向けケガなく頑張って下さい」とエールを送った。

最終更新:8月24日(水)10時38分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。