ここから本文です

【スーパーフォーミュラ第4戦】30台のホンダF1マシンがホンダコレクションホールで特別展示…10月10日まで

レスポンス 8月24日(水)8時30分配信

8月20日からツインリンクもてぎ内にある「ホンダコレクションホール」で歴代のホンダエンジンが搭載された歴代F1マシン30台が集まっての特別展示がスタートした。

[関連写真]

昨年も同時期に開催され、大好評だった企画展。今年もスーパーフォーミュラ第4戦が行われる週末に合わせて展示が開始され、第1期の初参戦マシンである『RA271』から第2期で大活躍したウィリアムズ・ホンダ、マクラーレン・ホンダ、ロータス・ホンダのマシンも登場。そして佐藤琢磨やジェンソン・バトンの活躍も記憶に新しい2000年代の各参戦マシンも全て展示さている他、幻のテストカーなども見ることができる。

この週末はエンジョイホンダも併催されており、サーキット側の展示エリアにはマクラーレン・ホンダ『MP4/4』や昨年から始まった第4期のマシン、マクラーレン・ホンダ『MP4-30』も展示されていた。

スーパーフォーミュラの観戦のついでに訪れるファンもいれば、普段はF1を中心に観戦しているファンも、この企画展に合わせて来場している人も多かった様子で、早くも展示エリアには多くのファンで溢れかえっていた。

この企画展は10月10日まで開催されている。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:8月24日(水)8時30分

レスポンス