ここから本文です

投資家マインドを鍛える5つの方法とは

ZUU online 8月24日(水)7時10分配信

投資をしていると、心が乱れることが多々あります。特に株やFXなど、リスクの高い投資をしている場合、資産が大きく変動することも珍しくありません。それで、有頂天になったり、自暴自棄になったり。

投資を続けていくには、タフな心が必要のようです。では投資家は、どのように投資マインドを鍛えているのでしょうか?

■平常心を保つようにする

あまりにもあたり前のことなのですが、投資をする時は平常心を保つことが大切です。動揺しやすい方、感情の起伏があまりに激しい方は、取引中、深呼吸をしましょう。ツボ押しなど、簡単にできるリラックス方法も身に付けておくとよいです。

自分の「勝ちパターン」では取引をするようにする
リスクの高い投資の場合、大きく負けてしまったり、負けが続いたりすると、恐怖心を持ってしまう時があります。自分がそれまで勝っていたパターンになっても、取引する勇気が全く出ない時があります。

これでは投資ができなくなってしまいます。今までの勝ちパターンがきたら、怖くても取引をするということも、わりと大切です。自信を取り戻さないといけませんから。

■損をした時、その原因をチェックする

何回か負けると自然に気が付きますが、大抵の人は同じパターンで負けることが多いです。その原因をつかめば、より上達し、先に進みやすくなりますね。損をした時のチャートを画像保存してプリントアウトし、そこに手書きメモを書き込んでおくのも良い方法です。

実は筆者は初心者のころ、そのようにしていました。取引をしていた時の「天気」、「体調」、「その株を買った理由」、「その他思っていたこと」まで、書いていました。

最近では画像保存して、そこに色々書き込んで、「クラウド」にタグをつけて保存しています。自分にとって、一番の参考書となり、自信にも繋がります。

■「デモ」で練習を重ねる

損失が続くと、自信だけでなく、資金も大きく失ってしまう時もないとは言いません。だからといって、投資好きな方は、投資をやめようとは思わないはずです。負けた分くらいは取り戻したいのではないでしょうか。

そのような場合、「デモ」で練習しましょう。自分のお金を使わないから緊迫感はないとはいうものの、それを利用して色々試せます。多くのFX業者にはデモがあります。

株の場合も、FXほど多くないですが、デモ取引が可能なところがあります。「DAILY ANDS」の「ANDS NOTE」の株式投資シミュレーションも、とても簡単で便利ですよ!

■他の投資家と比べ過ぎない

同じ投資家であっても、資金、投資に使える時間、エネルギー、そして何よりも性格が違います。投資方法も違って当然です。人の影響を受けやすい方ですと、自分の投資方法が揺らいでしまうこともあるでしょう。

もちろん、他の投資家の手法を参考にするのは、特に初心者のうちは参考になることだらけです。しかし、自分には合わない可能性もあるということは、忘れないほうがよいでしょう。

これから投資をする人も、このようなところに注意してチャレンジしていてはいかがでしょうか。

沼佐 睦美
札幌生まれ札幌育ちのライター。日本の短大卒業後、アメリカの4年制大学に編入・卒業。アメリカで約5年間過ごす。以前は株中心、現在はFX中心に楽しんでいます。新しもの好き、期間限定アイテムに飛びつく習性あり。

(提供:DAILY ANDS)

最終更新:8月24日(水)7時10分

ZUU online