ここから本文です

「高潔性」裁判所も支持 パラはロシア全面排除

朝日新聞デジタル 8月24日(水)5時30分配信 (有料記事)

 9月7日開幕のリオデジャネイロ・パラリンピックからロシア選手団が排除されることが決まった。23日、資格停止処分の取り消しを求めるロシア・パラリンピック委員会(RPC)の訴えを、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が却下。ドーピングは許さないという国際パラリンピック委員会(IPC)の強い姿勢を支持した。▼1面参照

 ロシアの国家ぐるみのドーピングを指摘されながらも、270選手以上の出場が認められたリオ五輪とは違い、IPCが厳しい処分を下したのは、理念とする「高潔性」がある。パラリンピックを通じて、誰もが等しく生活する社会づくりを目指す姿勢に共感してくれるスポンサーは多い。……本文:4,175文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月24日(水)5時30分

朝日新聞デジタル