ここから本文です

【Krush】モハン「夢のK-1が近づいた」、斎藤「そんなに甘くない」

イーファイト 8月24日(水)9時49分配信

 9月30日(金)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.69』の記者会見が、8月23日(火)都内にて行われた。同大会でKrush初参戦が決まった元MA日本スーパーライト級王者モハン・ドラゴン(士魂村上塾)が、対戦相手の斎藤武彦(K-1ジム目黒TEAM TIGER)と共に出席し、試合に向けた意気込みを語った。

【フォト】Bigbang王者・山際和希に豪腕を振るうモハン

”ネパールの豪腕”の異名を持つモハンは、1R開始のゴングから突貫ファイトでアグレッシブに攻め続けるファイトスタイルで人気の選手。今年で39歳を迎え、これまでに28戦13勝(8KO)12敗3分の戦績を収めている。6月には、現在Krushでも活躍するBigbangウェルター級王者・山際和希が保持する同タイトルに挑戦。山際のパンチでマットに沈んだが、ダメージを負いながらも唸り声を上げて拳を振り回す姿は、会場を大きく沸かせた。

 対する斎藤はK-1やKrushで試合に出場し、14戦5勝(1KO)8敗1分の戦績を持つ現在33歳のファイター。前回は6月に行われたKrushと中国の格闘技イベント「武林風」との対抗戦に出場し、地元・中国の選手に2度のダウンを奪われた末に判定負けを喫した。今回が再起戦となる。

 初参戦を前に、モハンは「Krushは日本のキック選手にとって最高の舞台だと思っています。僕は参戦出来て本当に光栄ですし、とてもエキサイトしています」と挨拶。「僕はプロになってから10年経ちますが、これまでに盛り上がらなかった試合は一つもないです。必ずKrushの会場を沸かせます」と、Krushのリングで持ち前のファイトスタイルを存分に発揮することを誓った。

 さらに「僕はK-1出場を夢見てキックボクシングを始めました。その夢の舞台がようやく近づいて来たかなという感じです。でも、今回の試合で勝たないと夢が叶わないと思っています」と、念願のK-1参戦を果たすために今回の一戦は絶対に落とせないという。

 これを聞いた斎藤は「モハン選手には悪いですが、そんなに甘いリングではないということを教えてあげようと思います」と、K-1とKrushの先輩ファイターとして厳しさを叩き込むと闘志を燃やした。 

 するとモハンは「その”甘くない”という言葉、ものすごく気に入りました」とニヤリ。「甘くはないはずです。そう思って戦います。必ずKOで勝って、会場を盛り上げます。約束します」と言葉に熱を込めた。モハンは会場を沸かせるファイトで斎藤を下し、夢のK-1出場に一歩近づくことが出来るか。

最終更新:8月24日(水)9時49分

イーファイト