ここから本文です

チャットモンチー、映画「アズミ・ハルコは行方不明」の主題歌を書き下ろし

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/24(水) 9:49配信

映画「アズミ・ハルコは行方不明」の主題歌「消えない星」を、チャットモンチーが書き下ろしていることが発表された。

【詳細】映画「アズミ・ハルコは行方不明」特報はこちら

「ここは退屈迎えにきて」で一世を風靡し、時の人となった作家・山内マリコの書き下ろし小説「アズミ・ハルコは行方不明」を、「私たちのハァハァ」も話題の松居大悟監督が映画化。行方不明の主人公を演じるのは、本作が8年ぶりの単独主演となる蒼井 優。その行方不明の女の顔をグラフィティアートとして街中に拡散する若者集団“キルロイ”のメンバーを、放送中のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」や、大ヒット公開中の映画「植物図鑑」で話題の高畑充希が演じる。20代、30代を代表する実力派女優の共演によって、最強の青春映画が完成した。

チャットモンチーが担当する主題歌「消えない星」は、本作の脚本を読んで、福岡晃子が作詞を行い、橋本絵莉子が作曲を行った書き下ろし楽曲。2015年11月の武道館公演で、アンコールにて「まだこれからどうなるかわからない、赤ちゃんみたいな曲ですけど」という紹介のあと、橋本&福岡の2人編成で初披露された。

レコーディングは2人編成で行われ、CDリリースは映画公開に合わせた11月下旬を予定。チャットモンチーが映画の主題歌を担当するのは、8年ぶりとなる。

チャットモンチー コメント
映画を観て、女性の、弱いところ、強いところ、情けないところ、負けないところ、変わっていくところ、全部に、
そのまま自分と、変化していくバンドを重ねました。あっこちゃんからもらった歌詞に、歌いたいようにメロディーをつけて、二人で完成させました。映画館でたくさん流れてほしいです。(橋本絵莉子)

脚本を読んで、迷わず歌詞を書きました。実はもう存在しないかもしれない星にも、ひとは願いをかけます。
それぐらい事実なんてものは、人間にはあまり関係のないことなのかもしれません。
ひとの中にあるそれぞれの真実が世界をつくっていて、それが美しいときと、どうしようもなく不条理に思えるときがあることを目の当たりにする映画だと思います。(福岡晃子)

映画情報
「アズミ・ハルコは行方不明」
12月、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
出演:蒼井優 高畑充希 太賀 葉山奨之 石崎ひゅーい
菊池亜希子 山田真歩 落合モトキ 芹那 花影香音/柳憂怜・国広富之/加瀬亮
監督:松居大悟
原作:「アズミ・ハルコは行方不明」山内マリコ(幻冬舎文庫)
配給:ファントム・フィルム
(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

リリース情報
2016.07.20 ON SALE
DIGTAL SINGLE「majority blues」

映画「アズミ・ハルコは行方不明」作品サイト
http://azumiharuko.com/

チャットモンチー OFFICIAL WEBSITE
http://www.chatmonchy.com/

最終更新:8/24(水) 9:49

M-ON!Press(エムオンプレス)