ここから本文です

ルパン映画「次元大介の墓標」監督ら登場の上映会、ある発表も

コミックナタリー 8月24日(水)0時0分配信

モンキー・パンチ原作による劇場アニメ「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」の上映イベントが、9月9日に東京・新宿バルト9にて開催される。

「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」は、ルパンの相棒・次元大介をフィーチャーした物語。「LUPIN the Third~峰不二子という女~」に続く「ルパン三世」のスピンオフ第2弾として、2014年に公開された。

なおイベントでは監督を務めた小池健、音楽を担当したジェイムス下地、脚本担当の高橋悠也、浄園祐プロデューサーによる舞台挨拶も実施。発表ごとがあると予告されているので、ファンは楽しみに待とう。

チケットは8月27日11時よりチケットぴあにてプレリザーブを実施。9月3日10時に一般販売を開始する。

「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」上映イベントin 新宿バルト9
日時:2016年9月9日(金)本編上映19:00~20:00、舞台挨拶20:00~20:45会場:新宿バルト9料金:2000円 ※入場者プレゼントあり出演:小池健、ジェイムス下地、高橋悠也、浄園祐

最終更新:8月24日(水)0時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。