ここから本文です

ハワイから帰国のキムタク “男気対応”で業界内からは高評価

リアルライブ 8月24日(水)12時11分配信

 SMAP解散発表後、唯一公の場に登場したメンバーの木村拓哉に対して、業界内では評価が高いようだ。

 木村は22日に、プライベートで滞在していたハワイから帰国。木村の帰国を待ち受けて成田空港に報道陣が殺到する中、木村は報道陣の前に颯爽と現れ、「すごくごめんなさい」とSMAP解散について謝罪し、「ファンの皆さんが一番納得していないと思う」と心境を吐露した。

 23日放送のフジテレビ「とくダネ」では、メインキャスターの小倉智昭が、「精一杯の対応ですよね」と理解を示した。また、同日TBS「白熱ライブ ビビット」では、ジャニーズ事務所の後輩・TOKIOの国分太一が「スルーしようと思えばできる場所だったと思うんですけど、それでもこうやって語ってくれたことはうれしいなと思います。率直な気持ちというものが聞けた気がします」と木村の対応を称賛した。両者とも、報道陣から逃げずに成田空港に現れ、堂々とコメントした度胸を評価した。

 「今回の木村さんの対応に関して、世間からは批判的な声も聞こえますが、ワイドショーでキャスターやコメンテーターを務めるタレントからは、評価が高い。やはりあの状況で報道陣の前に堂々と登場して、何か発言をするというのは、非常にリスクがありますから…。男気を感じますよね。それと、現場にいたテレビクルーの間でも、良い映像が撮れたので、木村さんを称賛する声もありました」(テレビ関係者)

 業界内で評価を上げた木村。日本一のイケメンは、やっぱり対応もイケメンだったようだ。

最終更新:8月24日(水)12時11分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。