ここから本文です

ANA、羽田-ホノルルに787-9 羽田北米線も開設、16年度下期計画

Aviation Wire 8月24日(水)19時19分配信

 全日本空輸(ANA/NH)などANAグループは8月24日、2016年度下期の路線計画を発表した。10月30日からの冬ダイヤでは、羽田を昼間帯に発着する北米路線の運航を開始。ホノルルやバンコク、ムンバイなどの各便にボーイング787-9型機を投入し、フルフラットのビジネスクラスやプレミアムエコノミーを設定する。

◆国際線

 国際線は、昼間時間帯に羽田からの米国路線の運航が可能となったことを受け、10月30日から羽田-ニューヨークとシカゴの各線の運航を1日1往復ずつで開始する。これに伴い、現在1日2往復運航している成田-ニューヨークとシカゴの各線を、1日1往復に減便する。

 また、同日から羽田-クアラルンプール線を1日1往復で運航を開始する。また、週9往復運航の羽田-香港線のうち、深夜早朝帯に運航するNH839/840便を増便。10月30日以降は月曜と土曜、日曜に運航し、週10往復を運航する。

 成田発着では、現在1日1往復を運航しているホーチミン便を1日2往復に増便する一方、成都便は1日1往復から週4往復に減便する。

 運航機材は、現在787-8で運航している羽田-ホノルル線を、787-9に変更。ビジネスクラスにフルフラットシートを導入し、プレミアムエコノミーも設定する。羽田・成田-バンコク線や成田-ムンバイ線など、東南アジアやインド路線を中心に787-9を投入。フルフラットのビジネスやプレミアムエコノミーを設定する。

◆国内線

 国内線は、羽田発着の那覇便と石垣便で、期間増便を継続。福岡-那覇線と那覇-宮古線でも継続する。

 一方、1日1往復ずつ運航している中部-旭川と女満別の各線を、期間限定で運休。旭川便は11月10日から12月21日まで、女満別便は11月28日から12月21日と、2017年1月10日から2月2日まで運休する。

 また10月30日から、1日18往復の羽田-札幌線と1日6往復の羽田-米子線を、それぞれ1往復ずつ減便する。このほか、関西-札幌線は3月25日まで、1日最大4往復を最大3往復に期間減便。最大4往復を運航する仙台-札幌線は、3往復に減便する。

◆貨物

 貨物は10月30日から、成田発広州行きと、広州発那覇行き、関西発中部行きをそれぞれ週6便で新設。これまでANAが日本貨物航空(NCA/KZ)のチャーター便で運航していた成田-那覇線を自社運航に変更し、那覇発成田行きを週6便から7便に増便する。成田発関西行きと関西発上海行き、上海発成田行きもそれぞれ週3便から4便に増便する。

 週1便のシンガポール発成田行き、週6便の成田発中部行きは、それぞれ運休する。成田-広州線は週7往復から1往復に減便し、週12便の関西発那覇行きを6便に、那覇発シンガポール行きを週6便から5便に減便する。

 運休する成田発中部行きの最終目的地は那覇で、今回の運休に伴い、関西から那覇へ向かう便を中部経由にする。

 9月1日からは、成田発バンコク・ジャカルタ経由成田行きを、週3便から週2便に減便する。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月25日(木)7時42分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]