ここから本文です

高畑裕太容疑者 量刑は「懲役7年程度の実刑判決」か

デイリースポーツ 8月24日(水)6時0分配信

 女優・高畑淳子(61)の長男で、俳優・高畑裕太容疑者(22)=東京都渋谷区=が23日、前橋市内のホテルで、40代の従業員女性に性的暴行を加え、けがをさせたなどとして強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕された。県警広報への取材によると、高畑容疑者は犯行を認めている。

 高畑容疑者に対する量刑について、弁護士法人・響の徳原聖雨弁護士は、デイリースポーツの取材に対し「懲役7年程度の実刑判決になる」との見解を示した。

 徳原弁護士によると、高畑容疑者の罪状は、刑の範囲として死刑および無期懲役・禁固が定められている「強姦致傷罪」であるため、裁判員裁判で裁かれることになる。その上で「初犯であること、既遂であること、被害者の負傷程度が軽いことなどからすると、検察側の求刑は懲役10年前後、判決は懲役7年程度の実刑になると推測されます」と話した。被害者が負傷しておらず「強姦罪」であった場合は、懲役3年程度の量刑が予想されたという。

 計画的な犯行を否定していることに関しては「弁護人は情状の要件として主張するかもしれませんが、基本的に量刑にあまり影響は与えないと思います」と解説。「性犯罪に対しては裁判員の目も厳しくなる。当然、芸能界復帰は難しいでしょうし、お母さまの活動にも影響が及ぶのでは」とした。

最終更新:8月24日(水)6時51分

デイリースポーツ